夜食べることによってダイエットの効果を高める食べ物!

Pocket

どうも。きょう*です(^^)/

「運動も食事制限もせずにダイエットが出来る」という謳い文句で、サプリや食品などが売られているのを目にしますが、個人的にはそんなことはありえないと思ってます(`・ω・´)

やはり、健康的にやせようと思えば、運動はかかせないと思いますし、食事の面でも暴飲暴食をしていてはいけないと思います。

今回は、「夜に食べることでダイエットの効果を高める食べ物」を紹介しようと思うのですが、僕自身は、普段取り組んでいることにプラスαで取り入れてみようと思っています(^.^)

それでは、いってみましょうρ(^^ )ノ !!

スポンサードリンク

ヨーグルト

ご存じの通り、ヨーグルトには乳酸菌の働きによって腸内環境を整える効果があります。

その他にも、カルシウムやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれていて、健康や美容に良いとして知られています。

そのヨーグルトですが、朝に食べるものというイメージが強いですよね(^_^)

もちろん、朝のヨーグルトも悪いことではありません。

朝のヨーグルトには、便秘を解消し、やせやすい体質にするという効果があります。

今回は夜のヨーグルトなんですが、夜にヨーグルトを食べることが何故良いのでしょう。

夜は、消化器官の活動が弱まり、どうしても消化力が落ちてしまいます。

それを、夜のヨーグルトで、腸内環境を整え、体内の老廃物などを体の外へ排出する準備を寝ている間に整えてくれるのです。

僕は、夜にがっつり食べることが多いので、寝る前にヨーグルトを食べるようにしてみようと思っています(^-^)

バナナ

バナナと言えば、何年か前に「バナナダイエット」がはやりましたね。

一時期、バナナが品薄になったほどの人気だったとか(*^ヮ^*)

それは、朝食にバナナ1本か2本を食べ、水を飲むというものでした。

昼食、夕食は普段通り食べてもいいというのが、人気の理由ではないでしょうか。

いわゆる置き換えダイエットですね。

そのバナナですが、実は夜に食べるのが良いそうなのです。

バナナに含まれるアルギニンという成分が「成長ホルモン」を活性化させ、アンチエイジング効果や脂肪燃焼効果が期待できます。

「成長ホルモン」には、代謝促進などの効果がありますが、30代から急激に分泌が減り、40代になると20代の頃の4割にまで減少してしまいます。

この「成長ホルモン」の分泌の低下が、筋肉が落ちやすくなったり、脂肪がつきやすくなったり等の大きな原因の一つになっています。

そして「成長ホルモン」の分泌が最も多い時間帯が22時~2時までということから、夜にバナナを食べ「成長ホルモン」の分泌をさらに促進させようということです(^.^)

バナナについて少し豆知識を。

1本ずつ房からばらし、その房の部分をきつくラップで巻くと、黒くならずに長持ちします。

皮をむくときは普通は房の部分からむきますよね?

それをお尻(?)からむくと普通にむくより甘くなります(^_^)

ハチミツ

「バナナ」でも出てきた「成長ホルモン」がここでも登場します(^_^)

脳が「成長ホルモン」を分泌する際に必要となるのが、肝臓に蓄えられた糖質なのですが、夜にハチミツを摂ることで、適度に肝臓に糖質を蓄え、睡眠中に十分な「成長ホルモン」が分泌されるようになります。

ハチミツは、ビタミン、ミネラルなども豊富に摂ることができ、美容効果も期待できる食材です。

寝ている間に、脂肪燃焼、アンチエイジングが期待できるのですから、試してみる価値は十分あるのではないでしょうか(^-^)

そのハチミツダイエット。

方法は、いたって簡単です。

寝る1時間前くらいに、ハチミツを大さじ1杯食べるだけです。

飲み物に混ぜて飲んでも大丈夫です。

ハチミツを食べることで、逆に太りはしないだろうか?という疑問が浮かびますが、当然ありえます(; ̄ー ̄川 アセアセ

普段の食事に糖質が多い人は、ハチミツの糖質もそこに加わるわけですから、当然太ります。

そこで、このハチミツダイエットの注意点を。

就寝前の3、4時間前には、食事を終えるようにする。

夕食には炭水化物の摂取を、なるべく控えるようにする。

決して、寝る前にハチミツを食べるだけでやせるわけではありませんのでご注意を。

納豆

納豆も健康に良い食材として有名ですね。

納豆にしか含まれない酵素の「ナットウキナーゼ」は、最近サプリとしても見かけるようになりました。

「ナットウキナーゼ」という酵素は、血栓溶解酵素で、簡単に言うと血液をサラサラにしてくれます。

そして、注目すべきはその持続時間です。

摂取してから10~12時間も働き続けます。

そこで、夜に納豆を食べることで、寝ている間に血液をサラサラにする効果が期待できます。

特に就寝中は、血液が固まりやすい状態なので、夜に納豆を食べることは非常に良いのではないでしょうか(^-^)

 

普段、これらの食材を食べている人なら、食べる時間を変えるだけでこれだけの効果が期待できるのですから試さない手はないでしょう。

これから、ダイエットに取り組もうと思っている人も参考にしてみてはいかがでしょうか。

ただ、決して「寝る前に食べるとやせる食べ物」というわけではありませんよ(^-^)

それではまた(^ー^)ノ

 

Pocket

夜食べることによってダイエットの効果を高める食べ物!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 痩せやすい体質になるための睡眠方法。 | きょう*ずもーる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です