痩せやすい体質になるための睡眠方法。

Pocket

どうも。きょう*です(^^)/

早速ですが、睡眠不足はダイエットには大敵です。

起きている時間が長い人は、太りやすいと言われています。

睡眠不足になると、冷えやむくみを引き起こし、冷えることで代謝が落ちてしまうことがその理由です。

それでは、ただ寝ればいいのかというと、そうでもありません。

質の良い睡眠を取ることが大切なのです。

そこで今回は、質の良い睡眠の方法を紹介しますρ(^^ )ノ !!

スポンサードリンク

質の良い睡眠

以前にも記事の中で少し触れたことがあるのですが、質の良い睡眠にも「成長ホルモン」が関係しています。 関連記事⇒「夜食べることによってダイエットの効果を高める食べ物!

その「成長ホルモン」の分泌が最も多くなるのが、午後10時~翌午前2時の間と言われています。

そこで、この「成長ホルモン」の分泌が多い時間帯にしっかり寝ることが、質の良い睡眠と言えます。

注意点として、ベッドに入ってからスマートフォンでゲームやSNSを見たりするのは止めておいた方がいいです。

自律神経が活性化してしまい寝つきが悪くなりますからね(^.^)

 

次に「成長ホルモン」についてまとめておこうと思います。

「成長ホルモン」には、代謝を促進しダイエットの効果を上げるだけでなく、アンチエイジングなど、身体に対して様々な良い影響を及ぼします。

知っておいて損はないと思いますよ(^.^)

 

成長ホルモン

成長ホルモンが身体にあたえる影響に、どんなものがあるのか見ていきましょう

  • 記憶力を高める
  • ­免疫機能を正常に保つ
  • 脂肪の燃焼を促す
  • 筋肉の成長を促す
  • 骨の強さを保つ
  • アンチエイジング etc・・・

と、身体に様々な影響を与えています。

成長ホルモンは、筋トレ時(無酸素運動)や睡眠中に多量に分泌されるのですが、年を取るに従って分泌量が減ってしまいます。

そこで、効率よく成長ホルモンを分泌させるための方法があります。

筋トレを習慣的に行うことはもちろんですが、トレーニングを行う前にアルギニンというアミノ酸を摂取することです。

アルギニンが含まれている食品としては、納豆、エビ、卵、鶏肉、大豆、かつおぶしなどがあります

次に、睡眠中に成長ホルモンの分泌を促進する方法としては、先ほども紹介しましたが、「夜食べることによってダイエットの効果を高める食べ物!」が参考になるのではないでしょうか(^.^)

 

「成長ホルモン」ってすごいですよね(*^。^*)

みなさんも、出来ることから生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

それでは、また(^.^)/~~~

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です