運動前には入念なストレッチを・・・は、ウソ!

Pocket

どうも、きょう*です(^^)/

今、体を引き締めるために試行錯誤していますが、以前にも書いたように「司法書士試験」が7月5日にあります。

それまでは、勉強の方にも時間を当てているので、引き締めの方はもっぱら食事制限のほうでやっています。

試験終了後は、仕事から帰ってきた後、運動を取り入れる予定です。

それに当たって、少し調べていたのですが、今まで勘違いしていたことがあるのがわかりました。

運動する前のストレッチです。

ボクシングをしていた時もそうでしたが、運動の前にストレッチをすることは、「ケガの防止」、「筋肉痛の緩和」などの効果があると信じていました。

僕は体が硬いこともあり、ストレッチは苦手で、あまり入念にはしていなかったのですが、「ちゃんとストレッチしてないから筋肉痛がひどいかなぁ」とか、「ケガしないかなぁ」と、罪悪感というか不安に思ってたのを思い出します(笑)

スポンサーリンク

ストレッチは運動後に

運動前には、ウォーミングアップを入念にしなければいけません。

・・・・・・?

これを聞いて僕は「????」でした(笑)

「やっぱりストレッチしないとアカンやんΣ(○д○ノ)ノ」と(笑)

そこも、思い込みというか勘違いというか、そもそもストレッチそのものがウォーミングアップではなく、逆にストレッチはウォーミングアップには向いていないそうなのです。

さらに、研究によると、運動前のストレッチに、「ケガの防止」、「筋肉痛の緩和」という効果があるという証拠は見つからなかったそうです。

ストレッチは、運動後に行うのが正解のようです(^-^)

一つとてもお手軽な運動後のストレッチを見つけたので紹介しておきます。

正しいウォーミングアップ

次に、運動前のウォーミングアップについてです。

5~10分の有酸素運動、および、ジョギングなら膝や足首といったように、その行おうとする運動で使用する筋肉を重点的にほぐすようにするのが良いようです。

それでは、5~10分の有酸素運動でおすすめを紹介します。

ラジオ体操

実はラジオ体操って万能なのですよ(0^ー^0)

まじめにやると、結構汗もかきますし、全身運動ですし、ウォーミングアップにはうってつけです

縄跳び

縄跳びも有酸素運動ですし、全身運動なのでおすすめです。

ウォーミングアップにだけでなく、ダイエットのための有酸素運動としてもイチ押しですね(^-^)

運動をしてない人が、いきなりジョギングなどをすると、膝を痛めたりする危険がありますが、縄跳びならその危険も少ない上に、軽いジョギングよりも効果があるとも言われています。

さらには、ふくらはぎのたるみや足やせ効果も期待できますよ(0^ー^0)

踏み台昇降

これは、自宅でもできるので、お手軽さがおすすめです。

自宅の段差を利用するのも良いですし、雑誌などを重ねて段差を作るのも良いと思います。

慣れてくれば、高さを上げて負荷をかければ良いので、はじめは5センチとかでも全然かまいません。

あまりきつすぎるとウォーミングアップじゃありませんし、ダイエットのためなどにするメインの有酸素運動にしても続かなければ意味がありませんので(^-^)

 

僕は、30分ほどのシャドーボクシングを取り入れるつもりなので、運動前は縄跳びが良いかなと思っています。

もしくは、踏み台昇降ですかねぇ(^-^)

そして、運動後にクールダウンの意味も込めて、ストレッチをするつもりです。

みなさんも自分の体調、体力などを考えて、無理のないようにしましょう(p`・ω・´q)

それではまた(*´・д・`)ノ~

 

Pocket

運動前には入念なストレッチを・・・は、ウソ!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 失敗するには理由がある!やる前から失敗が目に見えているダイエット計画! | きょう*ずもーる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です