虹の雪

Pocket

 

 

スポンサーリンク

 

二人の足跡
降り続く白に消えてく
溶けてはくれない 想い出ひとつ
肩にまた、はらりと落ちて

微かな吐息や
薄れてく 君の体温
遠ざかってゆく 熱と等しく
想いも冷めれば 楽だったのに

悲しみを隠すような 笑顔が痛くて
優しい嘘に 気付けないまま 掌は離れた

君に逢いたい 記憶の中さえも
雪に染められてしまう前に
繋いだ指先に残った
熱は消えないよ 代わりなどなくて
溶けた涙は虹に消えてゆく

月が眠った日の朝には 乱反射(はんしゃ)する白銀の雪が
変えてゆく 冷たい孤独や 想い焦がれた日々さえも

二度と咲かない 花を待つ事では
止まる時間さえ動かせない
あの日の 君の待つ所へ
駆けて戻れたら 何度だっていい
今の僕が消え去ったとしても

君に逢いたい 記憶の中さえも
雪に染められてしまう前に
繋いだ指先に残った
君の温もりを 色褪せない様に
一人、枯れた声で歌うから

君が 君が 君がいない
真っ白な世界で

ひとつ ひとつ
踏みしめよう

雪を虹に変えて

                 

スポンサーリンク

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です