レイン

Pocket

 

 

 

スポンサーリンク

 

「君はひとりで平気だから…ね」と 押しつけて さよなら

鳴り止まない 容赦ない思い出たちは 許してくれそうにもない

目を閉じれば 勢いは増すばかりで 遠巻きで 君が笑う

雨は いつか止むのでしょうか ずいぶん長い間 冷たい

雨は どうして僕を選ぶの 逃げ場のない 僕を選ぶの

やっと見つけた 新しい朝は 月日が邪魔をする

向かう先は 「次」じゃなくて 「過」ばかり追いかけた

雨は いつか止むのでしょうか 

 

         

スポンサーリンク

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です