SHINE

Pocket

 

 

 

スポンサーリンク

 

切ない夜を何度越えても 僕は君を忘れられない

逢いたい気持ちが又 募る想いと弾けそうで

未来の二人に又 戻ることを願って手を伸ばすから

どれだけ信じれば どれだけ償えば もう一度あの頃へ

時間が二人を裂き やがて忘れて行くのだろう

出逢いと別れが今 儚く最後の時を刻み始めた

 

       

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です