SEPIA

Pocket

 

 

 

スポンサーリンク

 

遠ざかる太陽が連れ去った
隣にいるはずの君が
残してくれた引き返せない絶望に
今もまだ縛られている

裏切りの仕草に
たとえ気付かなかったとしても
純粋に信じた瞳は曇らせた

霞んだ想像で築きあげる
綺麗な愛の詩を
どれだけ歌えば
終末に傷ついた悪夢は消えるだろうか

終わりの告白に たとえ耳を塞いだとしても
その胸に決めさせた答えは変えられない
積み重ねた想いが たとえ偽りだったとしても
巡る季節の為に鮮やかに縁取ろう

もし届くのなら 今度は素直に言えるのに
この次の春が来ても あの日の君には逢えない

終わりの告白に たとえ耳を塞いだとしても
その胸に決めさせた 答えは変えられない
積み重ねた想いが たとえ偽りだったとしても
巡る季節の為に 鮮やかに縁取ろう

もし届くのなら 今度は素直に言えるのに
この次の春が来ても あの日の君には逢えない

朝焼けに隠れながら 小さく小さく寄り添った
この次の春が来ても あの日の二人は戻らない

いつの日かこれで 
良かったと何気無く想うのだろう‥‥
セピアに残った感情を押し殺し歩き出す
La La La…
もう立ち上がり 歩き出す
La La La…

 

            

 

スポンサーリンク

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です