お金は道具だ!

Pocket

僕自身も含めて、お金に対する考え方を間違ってはいないでしょうか?

お金そのものを手に入れることが目的になっていませんか?

そして、「貯金」は良いことで、「消費」は悪いことだと思ってはいないでしょうか?

そして、実際に必要な時にですら、お金を使うことに罪悪感を感じていませんか?

その罪悪感は、お金を自分自身から遠ざけてしまいます。

 

スポンサードリンク

 

そうならないためにも、お金を道具として考えてみてはどうでしょうか?

例えば、ハサミ。

紙を切るために必要であって、ハサミそのものを手に入れることが目的ではありませんよね?

手に入れただけで、使わずにほこりにまみれていては、その道具は無駄でしかありません。

お金もほこりにまみれさせてはいけません。

そのためには、お金を「使う」のか「貯める」のかで考えるのではなく、「使うもの」として考えるのです。

そして、お金を使うことは、「消費」や「浪費」なのではなく、目的を実現するために必要な道具として使っているという意識を持つことです。

最初にも書きましたが、「貯金」や「消費」に注目すると、どうしても、「貯金」=「良い」、「消費」=「悪い」という発想になってしまいますが、お金を使う目的に注目することで、お金を使うことへの罪悪感はなくなるのではないでしょうか。

お金はすばらしいものです!

でも、お金自体に価値があるのではなく、お金を使って出来ることに価値があります。

お金は自分の目的を達成するための、すばらしい道具なのです!(^-^)

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です