夏に酢の物が食べたくなるのは、俺だけだろうか?

Pocket

どうも。きょう*です(^^)/

毎日、暑くてバテバテです(ーー;)

毎日のように、作業員がバタバタ倒れとります((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

ところで、この仕事をやり出してから、夏になると無性に酢の物が食べたくなるんです(?_?)

関連記事 ⇒ 「遺跡発掘作業はとんでもない仕事だ

職場のみんなは、「酢の物おいしいよね。」というようなことは言ってくれるのですが、「夏になると無性に食べたくなる現象」には、あまり同意はしてくれていないような・・・(;・∀・)

やはり、僕だけなのでしょうか(笑)

スポンサーリンク

ですが、声を大にして言いましょう(`・ω・´)

「夏!特に仕事でバテバテの時なら尚更、酢の物が食べたいのです!!!」

それでは、どれくらい酢の物づくしになっているか、ご説明しましょう⊂((〃≧▽≦〃))⊃

 

お気に入りの酢の物

まずは、「もずく」です。

「三杯酢」「土佐酢」と2種類は必ず買い置きしてあります。

「黒酢」味もあるのですが、まだ食べたことがありません。

おいしいらしいので、来週買います(笑)

次に、「ところてん」です。

もちろん味は「三杯酢」です。

「黒蜜」なんてありえません(; ・`д・´)

たまに、「青じそ味」だとか変わったものもありますが、基本的にはシンプルに「三杯酢」です。

そして、最近ハマっているのが、「クラゲ」です。

「中華クラゲ」と言った方がわかりやすいのでしょうか。

僕が使っているのは、スーパーでも普通に売っている、「味付きのクラゲ」です。

もともと味がついているんですが、そこにささみときゅうりを入れるので薄くなった分は、自分で味を追加しています。

味付けは、気分によって2種類から選んでます。

一つ目は、ポン酢、おろししょうが、おろしニンニク、ごま油、一味又はラー油を適当に味を見ながら追加します。

まさに適当、男の料理(*^ヮ^*)

もう一つは、醤油:酢:砂糖:ごま油を2:2:1:1の割合で、クラゲなどの量に合わせて調整しています。

「味付けクラゲ」以外にも、さしみ用や水で戻すタイプのものもあるので、それは好みで選んでもいいと思います(^_^)

そして、仕事から帰るとすぐに「もずく」を食べ、晩ご飯に「くらげ」を食べています。

「とろこてん」は、その時の気分で食べたり食べなかったり。

後、夜お腹が減ったときに食べたりと非常食扱いです(笑)

と、こんな感じで毎日「もずく」に「クラゲ」(;^ω^)

自分でも、よく飽きないなぁと思うのですが、身体が欲しているようなので(ーー;)

しかし、何故、酢の物が食べたくなるのでしょう?

本当に僕だけなのか?何か理由があるのか?少し調べて見ました⊂((〃≧▽≦〃))⊃

 

暑い夏には、お酢が良い!

いきなりですが、やはり夏にはお酢が良いらしいです(`・ω・´)

まず、一つ目は「殺菌作用」です。

夏の暑い時期は食品の傷みが早いので、お酢の「殺菌作用」により、食中毒の予防に役立つようです。

そして、二つ目が「疲労回復」効果です。

お酢にはアミノ酸が含まれており、そのアミノ酸は体内の代謝を活発にし、疲労回復に効果があるそうです。

そして、夏に汗をかくことでアミノ酸が失われるために、身体が
自然に酢を欲するようになるそうです( ・∀・)つ〃∩ 

僕は仕事柄、夏は大量に汗をかきます(ーー;)

大体、現場での水分補給の量は6~7リットルです。

それでも、足りない日があるくらいです・・・(゚_゚i)タラー・・・

夏になると酢の物が異常に食べたくなるのは、今の仕事をやり出してからなのですが、やはり大量の汗をかくことに原因があったのですねΣ(´∀`;)

そして、結論!

夏になると酢の物が食べたくなるのは、俺だけではない!

ということでよろしいでしょうか(・_・”)?

まだまだ、暑い日が続きますが、みなさんがんばりましょう(*^。^*)

それではまた(^.^)/~~

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です