AGA治療薬『プロペシア』と同成分 ながらも低価格!

Pocket

どうも。きょう*です(^^)/

このブログでも書いているように、僕自身、現在進行形でAGAの治療中です。

クリニックでの治療から始まり、色々調べたりした結果現在の治療法に落ち着いています。

その辺り、詳しいことは過去記事を読んでもらえると嬉しく思います(^.^)

ところで、AGA治療薬と聞いて真っ先に思い浮かぶのは「プロペシア」ではないでしょうか?

実際、クリニックでの治療でも「プロペシア」を処方されていました。

この「プロペシア」ですが、クリニックなどで処方してもらうと5~7千円くらいでしょうか。

プロペシア単体では処方してくれなかったり、診察料などもあるので一概には言えませんが。

そして、個人輸入を利用すれば4~5千円です。

それぞれ、約1ヶ月の分量です。

僕の場合、クリニックでは「プロペシア」「ミノキシジルタブレット」「サプリ」「ミノキシジルローション」を処方されていました。

僕にしては、かなりの高額です(;´Д`)

スポンサーリンク

そして僕が現在使っているのが、「フィンペシア」です。

「プロペシア」と同成分ですが、「プロペシア」のジェネリック薬ということで、値段がかなり安いです。

「フィンペシア」100錠で3000弱ですので、1ヶ月にすると約1000円ですね。

そして今回紹介するのは、 「フィナロイド 」という薬剤です。

「プロペシア」「フィンペシア」と同成分で、値段の方は「フィンペシア」よりも若干安いといったところです。

細かな値段などは、それぞれの薬剤の画像をクリックしてもらえれば良いかと思います(^.^)

この「フィナロイド」は、前立腺肥大症の薬で、AGA治療の効果はその副産物という事になっています。

 

人それぞれ、効果や副作用も違ってきますし、この薬剤が良いとは一概には言えません。

値段の高低だけで判断出来る物でもありません。

自分にはどれが良いのか、医師の指示等も含め良く考えて服用しましょう(^.^)

それでは、また(^.^)/~~~

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です