発毛治療 ~女性版~

Pocket

どうも。きょう*です。

クリニックでの治療を経て現在は自己治療ですが、かれこれ4年たちました。

治療を始めるにあたって悩み(ほとんどが費用面)もありましたが、結果的に満足する結果が得られています。

興味があればそのあたりの事情は、過去記事を見てもらえたらと思います。

さて、今回は女性の発毛治療についてです。

薄毛の悩みは男性に限ったことではないようですね。

かつら、増毛、植毛、病院‥‥対処法は男性と大きく変わることがありません。

詳しくはこちら⇒『ハゲを克服するための方法あれこれ。

この中から僕も考えてクリニックでの治療を選んだんですが、治療法が男性とは異なるのでそのあたりを説明していこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

男性性脱毛症がAGAと呼ばれるのに対して、女性はFAGA(女性男性性脱毛症)と呼ばれています。

言葉は似ていますが、原因や症状がまったく違うのでその治療方法も異なってきます。

いくらでもお金をかけても良い人なら、育毛メソラピーやHARG療法などの選択肢もありますが、ここでは僕と同じように経済的余裕はないけど何とかしたいという人向けに、内服薬と外服薬についてピックアップします。

 

内服薬

男性ならプロペシアなどのフィナステリドなのですが、女性には使うことが出来ません。

今までは女性用の内服薬にこれといったものはなかったのですが、現在はパントガール(Pantogar)という治療薬があります。

サプリに近いもので即効性はありませんが、その分副作用も少ないようです。

パントガールの成分に馬プラセンタを配合した最新の女性専用飲む育毛剤ルグゼバイブも登場したようです。

 

   

 

外服薬

外服薬のほうは、男性と同じくミノキシジルです。

女性用のほうは男性用よりも濃度が低く、やはりその分副作用も少ないようです。

 

 

         

 

僕自身フィンペシア、ミノキシジルタブレット、外用薬ミノキシジルを使っていることから、ここまで見てきて男性よりも副作用の危険性は低いなという気がしました。

何でも早く対処すればそれだけ効果も望めます。

僕は悩みだしてからかなりの時間がたってからの決断でしたが、現在はその当時のことを思えばその悩みからもほとんど開放されています。

AGA治療体験記が、悩んでいる人の役に少しでもたてればなと思います。

 

スポンサーリンク

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です