抜歯を決意!

Pocket

 

ここに至るまでに色々ありましたが、ついに抜歯を決意しました。

まずはこちらを⇒『歯の神経の治療とそれに至るまで

あれから2年。

色々試してはみましたが、完全に治癒することはなかったようで。

逆にここまでよくもったなという感じです。

この1年位は、すぐにでも抜歯してもらおうと思うくらいの激痛も何度かありましたが、2、3日で収まったりで結局抜かずにいました。

抜かなくても耐えられるなら、抜かないほうがいいのかなという思いもありましたし。

ですが、この2ヶ月位で、悪い歯よりも他の歯が悪くならないようにしようという考えに変わってきました。(歯科衛生士さんの助言もありました。)

まだ抜かずに耐えることもできなくはないんですが、そのせいで、反対の歯にも悪影響が出始めてる気もしてましたし。

今日、歯の定期検診に行った時に、医師にそのあたりのことを相談したところ、抜いたほうがいいと断言はしませんでしたが、

  • 良くなることはない
  • あまり抜かずに引っ張りすぎると、隣の歯に影響が出る
  • どこかで、見切りをつけないと

ということでした。(これって、抜いたほうがいいと言ってるに等しい気も・・・)

そして、抜いたあとは入れ歯だと思っていたら、そのままということでした。

ただ、ほうっておいて隣の歯まで悪くなったら入れ歯だと言っていたので、これはもう抜くしかないかなと。

ちなみに、隣では歯科衛生士さんが、抜いたほうがいいと力説してました(笑)

ということで、月曜日に抜歯してもらうことにしました。

続く・・・

 

スポンサーリンク

 

抜歯してきました!

まだ麻酔が効いてるので、口は半開き、唇は、感覚がいかりや長介的な何かです。

割とあっさりと抜歯は終わりました。

抜いた歯を見せてもらったのですが、本来骨で隠れてるはずの根本までが歯石で覆われてました。

それだけ、骨が溶けてなくなってしまってたってことのようです。

よくここまで粘ったなと我ながら思います(ーー;)

医師も、「粘りすぎ!」だと。

いやいや、はっきり抜いたほうがいいとは断言してくれなかったくせに(;´∀`)

次の心配は、麻酔が切れた時です。

もう随分前のことですが、下の親知らずを抜いた時に、1週間仕事を休むほど大変なことになりました。

痛みで喋れない、食べられない、眠れないと、ずっとうんうん唸ってました。

そのことが、軽くトラウマに‥‥

とりあえず、帰るやいなや、もらった痛み止めと腫れ止めを飲みました。

何も食べてないので、少しでも胃の負担を和らげるために、水分を多めに摂ってから飲みました。

麻酔が切れるのが恐ろしい‥‥

続く‥‥

 

昨夜はあまり眠れず‥‥

 

仕事帰りに、消毒と経過観察のために歯医者に寄ってきました。

傷口もきれいで、腫れもなく、血も止まっているということで、何の問題もないということでした。

今回の治療に関しては、これで終了。

これからは、今まで通りに、1ヶ月に1度検診(歯石取り)です。

ところで、昨夜はあまり眠れませんでした。

痛みでではなく、お腹が減りすぎて(笑)

麻酔が切れれば、食べてもいいとは言われましたが、口に物を入れるのが何となく不安で(;´∀`)

それで、結局何も食べず。

約2日間何も食べたないので、頭が少し痛いです。

プチ断食のときの感じです。

一番恐れていた痛みは、全く大丈夫でした。

痛み止めのおかげもあるでしょうが、前回とは状態が全く違いましたから、当然のことだったのかもです。

とりあえず、一段落。

後は、残っている歯を大事にしないと。

 

スポンサーリンク

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です