どんな結果にも必ず原因がある

Pocket

 

相も変わらず、ただむやみやたらに悲しくて、後悔ばかりの日々。

なるべく冷静に、客観的に自分を見て、何とか変わろうとはしてるものの、前向きな気持ちになったかと思えば、絶望的になったりの繰り返し。

自分を納得させる理由を見つけて前向きになったつもりが、またしばらくすると絶望に打ちひしがれる。

潔さとは程遠い。

これは情緒不安定?

 

スポンサーリンク

 

どんな結果にも必ず原因がある

 

こじつけでも何でもいいから、とにかく自分を納得させる理由を探そうと色々考えているうちに、ふと、頭に浮かんだ言葉。

「全てのことに原因がある」、「物事には、原因がある」、「起きたことには必ず原因がある」も同意語かな?

今自分に起きていることには、必ず納得できる原因があるはず。

その原因がわかれば、この情緒不安定も少しはなんとかなるはず。

そう思って、少し冷静になって振り返ってみた。

本当のところはわからないし、都合のいいようにこじつけてるだけかもしれないけど、今はとにかく自分を納得させる理由を見つけないと。

 

会っているとき

 

会うのは週1回の土曜か日曜。

今思うと、何かと不機嫌で酷い行動や言葉で彼女に接していたこともあったと思う。

いつしか彼女がそばにいることが当たり前で、今が幸せなことを忘れて、不満だけを感じてたんだと思う。

その不満を自分の中だけで解決しようとしたり、伝えても冗談ぽくしか言えず、その返事に拒絶、拒否を感じて、勝手にあきらめたり。

漠然やけど、別れたほうがいいのかなって思ったこともあった。

そして、今年になって彼女が人それまだとは違ってに積極的に。

嬉しさもあったけど、正直、不安のほうが強かった。

「私が死んだら悲しい?」なんてことも聞くから、命の危険があるほどの病気にかかってるんじゃないかと本気で思った。

だけど、怖くてなかなか聞けず。

やっと「どうしたん?」って少しぼかし気味で聞いたら、「反省してん」と。

「どっちの私がいい?」って聞かれたから「今」って答えたけど、少し冗談めかしていたから、ちゃんとは伝わってはいないかも。

でもほんとは可愛いと思っていた。

だけど、不安や疑いとか色々な感情が混ざりあって、何となくぎこちなくしか接することができなかった

また来週も会うし、その次もあるし、これからもずっと一緒やしそのうちにって思っているうちに「さよなら」。

 

離れているとき

 

ここのところ会っている時と違って、メールの返事がそっけない気がした。

俺自身そっけないから人のことは言われへんけど、ただなんとなく今までと違う気がした。

それまでには感じたことはなかった。

不安や疑いからの、ただの思い込みっていう可能性大な気がするけど(~_~;)

俺の仕事は、基本的に土日祝は休みやけど、たまに出勤のときがある。

そんなときは必ず彼女に伝えてた。

でも何となくそれを伝えなかったことがある。

興味ないやろうし、明日会うし、わざわざ言わんでもいいかっていう、すねた気持ちだったんだと思う。

次の日、会ったときに「昨日仕事やったん?私聞いてない!」って怒られた。

それに対して、またすねた態度で「言ってないし」って。

しばらく不機嫌みたいやったけど、怒ってるのは俺やみたいな感じで放置。

 

あれこれ詮索するのも束縛してるみたいで嫌がるだろうとか、離れている時は彼女の時間だからって遠慮して連絡しなかったり、また会うからってそれ以外の日を大切にしてなかった。

いや、自分の中ではちゃんとしてたつもりやったけど、それを伝えることをしてなかった。

会う時間よりそうじゃない時間の方が遥かに多かったのに、その時間をおろそかにしてた。

自分でそういうふうにしておきながら、こっちが連絡しなかったら連絡してこないとか、連絡してもなんか素っ気ないとか、勝手に不満を募らせて不機嫌になってた。

 

原因

自分自身の

  • 傲慢
  • プライド
  • 怠惰
  • 甘え

が根本的な原因だと思う。

不満があってもそれを伝えず、勝手に一人すねたり。

いちいち言わんでもわかるやろって態度だったり。

俺が嫌われるはずがないという気持ちから、やさしさ、思いやりとはかけ離れた行動や言動で傷つけたり。

変なプライドで、拒絶や否定を恐れ、相手の質問に茶化してしか答えられなかったり、自分の不安や不満を真剣には伝えられなかったり。

またいつかって先送りし続けたり。

そして、彼女なら何でも許してくれるだろうわかってくれるだろうという「甘え」。

 

「髪の色変わってんけど、わからんの?」とかってよく怒られた。

興味が無いと捉えられても仕方がない態度を取ってたと思う。

「いちいち言わんでもわかるやろ」っていう、俺の傲慢さや彼女に対する甘え。

実際は照れくさいっていうのもあった。

一番わかりやすいタイプのツンデレではないかと思う(笑)

それ以外でもそう。

ちゃんと真剣に伝えることは伝えないと。

言葉にしないと相手に伝わならないってことすら、彼女に対する「甘え」でわからなくなってた。

 

突然ではなく、なるべくしてこうなった。

遅かれ早かれってくらいなところまで来てたんだと思う。

彼女からすれば、気になる相手ができたかもと感じた頃から、もう一度俺のことを好きになる努力をずっとしてくれてたのに、それに答えられなかった。

これまでの俺の態度の積み重ねが、彼女の心を別の人に向けてしまったんやと思う。

俺がそう思ってるだけで、彼女からはそうじゃないのかもしれないけど、もう確かめよることも出来へん。

 

もし、今までの二人を最初から最後まで第三者が見たら、「こんな男と今までよく一緒におったなぁ」って言うと思う。

少し自虐的かもしれんけど、自分が見てもきっとそう思う。

とてもじゃないけど、今の自分のところに戻って来てほしいなんて言えたもんじゃない。

こんな自分と今まで一緒に居てくれただけでも、感謝しきれないほど。

 

そう思うと、あれだけ戻ってきてほしいと狂いそうになってた気持ちが少し和らいだ。

 

 

これから

 

前にも書いたけど、彼女がそばにいてくれるのが当たり前で、自分が幸せなこともその当たり前の中で忘れてた。

そして不満ばかり感じてた。

それは、今あるものに対してもそうだと思う。

親、兄弟、友達その他に対しても。

彼女のことは今でも大好きだし、戻りたいと思ってる。

でもどんなに後悔しても全部手遅れ。

だから、今あるものを大切にしようと思う

そして同じ失敗を繰り返さないように、自分を変えていこうと思う。

もう原因はわかったからそれを変えていこうと。

 

こうして今は納得して「もう大丈夫」だと思っていても、次の瞬間には「戻ってきて」と泣いてるかもしれない。

それでも、少しずつでも自分を変えていかないと。

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です